マタニティケア

どこへ行ったら良いか分からない
妊娠中の身体のトラブル。
幸せと不安が入り混じる十月十日の変化に合わせ、安心安全なケアを最優先に提供しております。

こんなお悩みはありませんか?

  • お腹が大きくなるにつれて腰が痛む…
  • 妊娠してから足の浮腫みが治らない…
  • 坐骨神経痛が出てしまっている…
  • 股関節が痛くて立ち上がれない…
  • お腹の張りが取れない…
  • 背中が痛くて息が苦しい

もしあなたが『妊娠中の身体の辛さから解放されたい』とお考えであれば、女性とこどもの保健室へおこしください。出産まであなたをサポートいたします。

なぜ妊娠中は不調になりやすいの?

1.妊娠初期:出産ホルモンが骨盤を緩める

 

妊娠3ヶ月ごろになると、卵巣ホルモンの一種であるリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは赤ちゃんがお母さんの狭い骨盤を通れるように、出産に備えて関節や靭帯を緩めたりする作用があります。

その結果、緩んだ骨盤をお尻の筋肉や腰の筋肉で支えようとして腰痛が起きます。出産には大事なホルモンなのですが、重たい身体が緩みやすくなるので妊婦さんにとってはとても辛いものでしょう。

2.妊娠後期:姿勢が変化し、背部が張る

出産ホルモンの影響に加え、妊娠すると10kg前後体重が増えて姿勢の変化が起こります。そしてお腹が大きくなり、重心が前方に移動する事によって、骨盤や腰椎が前方に傾きます。

そうなると背中の筋肉で支えて、後方にバランスをとろうとし、絶えず背中が張った状態になるため、背部痛や腰痛の原因になります。

当院の妊婦整体の特徴

1.整体だけでなく栄養やストレスにも精通している

体は筋肉や骨だけでできていません。
妊娠中は特に栄養状態が偏りやすい為、食事指導なども合わせて行うことで、出産まで全力でサポートして行きます。

2.終わりのある施術計画:姿勢が変化し、背部が張る

整骨院によってはフリーパスチケットなどで永遠と通わせる場所も実在します。
当院では卒業までの道のりをハッキリと説明をして、「自分で自分の身体をケアできる」状態を目指して指導して行きます。

Price

料金のご案内

初回限定料金【1日1名様限定】

¥4,900

  • 産婦人科医師に整体・施術の許可を取られてからご来院ください。ご来院の際は母子手帳をご持参をお願い致します。
  • 原則として妊娠16週目以降の方のご予約をお受けしておりますが、それ以前の週数の方は個別にご相談くださいませ。
  • 料金は税抜き価格です。