エステ

必見🌟ゆらぎ肌対策

前回のブログでゆらぎ肌についてお伝えしました。1年のうち特に3〜5月の春が、ゆらぎ肌に最も気をつけたい時期であることには理由があります。

 

①気温差が激しい

春の天気は気まぐれ。天気変化が早いのがこの時期の天気の特徴です。汗ばむくらいの天気だと思っていたら、急にコートが必要なくらい寒くなる日があります。春は昼と夜の寒暖差も大きく、大きな気温の変化にお肌がついていけず、ゆらぎ肌を引き起こしてしまいます。

 

②空気の乾燥

空気の乾燥というと冬のイメージがありますが、実は春にやってくる移動性の高気圧は乾いた空気を持っており、冬よりも気温が上がって空気中の水分が蒸発しやすくなるため、冬と同レベルで空気が乾燥しやすい状態になります。

 

③紫外線量の増加

春先に特に気をつけたいのが紫外線量の増加。3月からじわじわと増加し、4月には12月のおよそ3倍にアップ!肌が無防備なままでいると、ダメージをダイレクトに受けてしまうので注意しましょう。

また、紫外線はシミやくすみだけでなくシワやたるみといった肌老化を加速させます。 æ—¥å·®ã—が弱くても紫外線量は多い場合もあるので油断は禁物。UVケアは必須になります。

 

④花粉の飛散時季

春には花粉の飛散量が増え、花粉症の方はアレルギー反応を起こしてしまう辛い季節。目や鼻の症状だけでなく肌にも大きなダメージを与える花粉。アレルギー反応として、かゆみ、乾燥など肌荒れの原因になります。マスクや眼鏡で防備したり、毎日のスキンケアで肌のバリア機能を整えて外的刺激に備えることが大切です。

⑤環境の変化などによるストレス

職場の異動や引っ越しなど、春はなにかと環境の変化も多くなる季節ですよね。これらに伴うストレスも肌の調子を乱す一因です。ストレスによるホルモンバランスの乱れは、メラニンの過剰生成を促進してシミの元にもなるので要注意。

 

 

春の肌トラブル対策として最も大切なのは保湿とUVケア!

 å¯¾ç­–その1:十分な保湿

保湿がされていない状態だと、お肌に本来備わっているバリアが崩れてしまいます。こうなってしまうとさまざまな刺激に対して、すぐに肌トラブルを引き起こしてしまいます。
さらにバリア機能が崩れると、お肌の新陳代謝であるターンオーバーの周期が短くなり、充分なバリア機能を持たない未熟な細胞が外界にさらされて、更なる肌荒れを引き起こすという悪循環に陥ってしまいます。

そんなときはスキンケアの見直しも有効。洗顔フォームは保湿成分が含まれているものや、肌への負担が少ないものを選ぶことをおすすめします。あとはこすりすぎないこと!

洗顔フォームは
肌に負担となる防腐剤・香料・着色料・アルコール・鉱物油の不使用をおすすめ。

対策その2:UVケア

紫外線の中でも最も波長が長く、肌の奥深くまで到達し、肌を黒くさせる色素沈着(サンタン)や光老化を引き起こすといわれているUV-Aは、3月から急に高くなります。また光老化によってたるみ、ほうれい線、シワ、たるみ毛穴などをもたらす紫外線A波は注意が必要!ゆらぎ肌の改善はできますが、ほうれい線などのエイジングサインの改善することは難しいとされています。

肌に合った日焼け止めの使用はもちろん、日傘や長袖着用などのデイリーケアも心がけましょう。日常の生活で塗り直しが可能であれば、SPFは20~30程度で十分とも言われています。

 

☆エクスビアンスのラディアンス・デイフルイド(日中乳液・日焼け止め)がおすすめ❗️

ラディアンス・デイフルイドSPF40

 å½“院オンラインショップより女性とこどもの保健室オンラインストア  ¥8.800(税込)

 

この2点をおさえて肌ケアをするのがこの時期はおすすめです。

ぜひご参考にしてみてください。

流山市でお身体悩みを相談するなら
女性とこどもの保健室
https://nozomi-salon.com/


〒270-0152
流山市前平井94アークヒルズ英103
TEL:04-7178-9773