未分類

【今流行りの断食16:8 Intermittent fasting】

いま巷で噂になっている断食。やっている人は多いがそもそも断食とは?

効果は?と気になったので調べてまとめてみた。

断食とは

断食、英語でIntermittent Fasting 

断続的な断食(IF)は、断食と食べる期間を設ける。

一般的な方法として

毎日16時間の断食または週2回の24時間の断食を行うものがある。

最近だと16時間断食が流行っている。

(オリラジのあっちゃんがYouTubeで熱弁しています)

16時間断食とは

この方法はリーンゲインズプロトコルとしても知られており、

フィットネスの専門家マーティン・バーカンによって普及。

方法としては16時間断食、残りの8時間の間に食事を済ませる。

16時間断食できれば良いのでやり方はライフスタイルに合わせる。

例えば、夜8時に食事を済ませ16時間断食をし次の日の12時にお昼を食べ

再び夜8時までに夕食を済ませるだけ。この方法が難しい方は、

朝7時に朝食を食べ16時間断食し夜10時の夕ご飯を食べるでも問題はない。

16時間断食の間は間食はNG、ブラックコーヒー、水分摂取はOK!

断食の長所

・ダイエット効果

朝食もがっつり、間食もたくさんしているような方は一日の総カロリーが必然的に減るのでダイエット効果がある🔥

・糖欲求の減少

・食べない時間が細胞を綺麗

不要なたんぱく質を集めて分解し、新たなたんぱく質を作るってくれる。最後に食べ物を口にしてから10時間たつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われ始める。そして16時間たつと、新たなタンパク質を作り始める。そして細胞の生まれ変わりが起これば、不要なものや老廃物が一掃され、全身の細胞や組織・器官の働きが活性化し、肥満の解消はもちろん、病気になりにくく若々しい体になるという仕組み。

デメリット

この生活に慣れるまでは少しきつい。

が、慣れてくれば体はとても軽い。すごく軽い。

私も今2週間程度つ続けているが、朝コーヒーを飲むことで

満腹感も得られ糖質を取らないことで眠気もなし。とても快適な午前中を過ごせている。

え?糖質取らなくて大丈夫なの?と思うかたもいると思いますが、

そもそも現代人は糖質を取りすぎている。本来はそこまで取らなくても活動できる生体なのに

過剰に摂りすぎている結果が脂肪となっている。

私は普段、7〜10km走るが朝ごはんは食べていない。(お昼と夕ご飯は食べてる)でもなんの問題もなく走れるし

追い込む練習もできている。筋肉量も維持できている。

糖質はとればとるほどもっと欲しい!!!と欲求が出てくるので

自分が普段摂っている糖質の量を一度見直してみよう👍

 

 

流山市でお身体悩みを相談するなら
女性とこどもの保健室
https://nozomi-salon.com/


〒270-0152
流山市前平井94アークヒルズ英103
TEL:04-7178-9773