未分類

デリケートゾーンのケアについて

こんにちは、女性とこどもの保健室、菊地です^ ^

突然ですが、デリケートゾーンってどうやって洗っていますか?

シャワーのお湯で流すだけだったり、ボディソープでしっかり洗ったり、
意外と人それぞれのようです。

最近はデリケートゾーン専用のソープがドラッグストアなどでも
みられるようになり、使った方がいいのか疑問に思っている方も
多いと思います。

結論からお話すると、清潔に保つためにはやはりお湯だけでは
足りないのですが、ボディソープでは洗浄力が強すぎるので
やはり専用の石鹸がベストです。

膣内は酸性PH3.5~4.5に保たれていますが、
石鹸はアルカリ性です。
洗浄力の高いものたとPH9~10のものも多くあります。
しみた記憶があってボディソープで洗わなくなった方が多いようですが、

それは強いアルカリ性のもので刺激が強すぎたんですね。

なので、やはりデリケートゾーン専用の石鹸が安心です。

また、専用の石鹸だからといって、それで
膣内まで洗浄する必要はありません。

膣内まで洗浄してしまうのは、目の粘膜を石鹸で洗うのと
同じように、刺激が強すぎて、必要な粘液までとってしまいます。

乾燥して膣の萎縮を促進してしまう、もしくは逆に乾燥を
防ぐために不必要に粘液を出そうとする=おりものが
増えてしまったりします。

膣の中のPHがアルカリ性に傾くほど、免疫力が弱くなって
ガンジタなどにもなりやすいそうです。

なので、専用のソープで膣の外をしっかり洗浄するのか
正解です。

その上で、膣まわりの保湿と、膣の内部をオイルで保湿
&たまにでもマッサージするのがベストです。

デリケートゾーンの乾燥や、そこから派生する黒ずみなど
皮膚のケアもできますし、乾燥して膣が萎縮してしまう=血行が悪くなって
子宮も冷えて様々な女性特有のトラブル(生理痛、PMS、更年期
障害など)が発生するのを防げたり緩和できたりします。

誰にも見られないところを今更ケアなんて。。。
と、たまに耳にしますが、
【膣】をケアすることは、女性の命を育む大切な臓器である
【子宮】をケアすることなんです~。

いまさらなんて思わずに、自分の身体をみつめなおして
みる良いきっかけになればと思います^ ^

流山市でお身体悩みを相談するなら
女性とこどもの保健室
https://nozomi-salon.com/


〒270-0152
流山市前平井94アークヒルズ英103
TEL:04-7178-9773