骨盤底筋について

こんにちは。理学療法士の唐澤です*

骨盤底筋について説明しようと思います。

骨盤底筋の働き

①子宮、膀胱、直腸などを支える

②排尿・排便のコントロール

(排尿・排便以外は常に緊張を保ってる)

このような機能があります。

 

妊娠中・産後の骨盤底筋

①妊娠中は、

通常の約3倍下に引き伸ばされる

②産後もその状態が持続

③3〜6カ月かけて回復

④もともと筋力が弱いタイプの方は

回復に時間がかかる

⑤分娩後も骨盤底筋が伸びている状態が

続くと子宮・膣が下垂することがある

 

骨盤底筋の機能低下によって起こる症状

①子宮・膣が下垂してしまうことがある

②腰痛・恥骨痛・尾骨痛

③尿もれ・脱肛

 

改善方法

①産後の時期に合わせながらの

骨盤底筋トレーニング

(筋力に個人差がたるため回復過程に合わせたトレーニングが必要です☺︎)

②姿勢改善

以上のことからも産後は

しっかりと正しい運動、正しい姿勢を

習得していくことが大事になってきま

す*

やるのとやらないのでは大きくカラダが

変わってきます☺︎

産後は慣れない育児などで大変だと思います

しかし、日頃からがんばっているご自身のカ

ラダを整えてあげる時間を設けることも

大切です☘当院はベテランの保育士もいます

ので安心してお子様を預けることでき、

ゆっくりと施術を受けることがでします🌿

骨盤が気になる方、症状がある方は

ぜひ一度お越しになってみてくださいませ🌿