産後のお腹チェック”腹直筋離開”とは?

産後気になる「ぽっこりお腹」

産後、ママさんが気になる身体のパーツ。

よく聴くのが「ぽっこりお腹(下腹部)」です。

“腹筋してもなかなか引き締まらないんです”

 

ちょっと待ってください !

産後の身体はかなりデリケート。

上の写真のような上体起こしの腹筋は、内臓下垂・ぽっこりお腹を助長させる可能性があります。

まず、腹直筋の離開を理解するとともに(ダジャレ)

産後のご自身のお身体をチェックしていきましょう。

”腹直筋離開”とは?

向かって左側が通常の状態。右側が腹直筋離開の状態です。

シックスパックと呼ばれるところが腹直筋で、この筋肉の真ん中には薄い白線があります。

胎児の成長とともに腹直筋が大きく伸び(前に15cm程)、薄い白線も次第に伸びて離開しやすい状態になります。

さらに、胎児が大きかったり、横向きの状態になっていたり、もともと腹直筋が硬い方なども腹直筋離開の原因になります。

ただ、これは80~90%の妊婦さんがなると言われているので、腹直筋離開になるのは仕方がないのですが、

本来ならば、子宮復古に伴い、腹直筋離開も改善していく傾向にあります。

しかし、間違ったトレーニングや生活動作で悪化してしまう方もいらっしゃいます。

 

あなたは大丈夫?“腹直筋離開セルフチェック”

どうでしたでしょうか?

おへその所に指が2本分スポッと入ってしまえば腹直筋離開の可能性があります。

チェックの結果、自分のお腹がポケットみたいに穴が開いていることに恐怖を感じた方は多いと思います。

私も自分でチェックしたときは相当ショックでした。しかし、殆どの方が腹直筋離開になっていますので、

怖がらないでも大丈夫ですし、運動方法と生活動作をきちんと守ることできちんと改善していきます。

 

まずは日常生活の見直しから

横になった姿勢から起き上がるとき、頭と足を近づけて起きていませんか?

今ままではそれが普通だと思っていたと思いますが、まさに腹直筋離開を増悪させてしまう動作になります。

産後の正しい起き方は、仰向けの姿勢から横向きになり、

ベッドなら足を先に下ろしてから頭を上げます。布団なら、四つ這い姿勢になるように起き上がります。

こうすると、頭と足を近づける動作にはなりませんので、腹直筋への負担は減ります。

横向きになってから起き上がるという方法を意識してみましょう^^

 

産後は四つ這いトレーニングが有効

上記で述べたように今までと同じような上体起こしの腹筋運動をしていては

ぽっこりお腹は治ってくるどころか内臓下垂を引き起こしてしまう原因になります。

産後は四つ這いでの体幹トレーニングがオススメです。

 

https://youtu.be/-z0DK9WlJco

ちょっとレベルが高いものかもしれませんがこのように、背骨をまっすぐの上体で足を動かすことは

インナーマッスルに効いてくるので下腹部の引き締めにいいです。

当院では、

しっかりとその方のお身体の状態に合わせて産後に特化したトレーニングをお伝え致しますので、

お気軽にご相談くださいね^^

 

LINE@限定でセミナーのご案内をゲット出来ます!

今すぐご登録をよろしくお願いします^^